「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(5)

発行2008年2月10日


第5回目のNewsletterをお届けします。この号では投稿原稿1点と出版案内2点を掲載します。

投稿の数が徐々に増えつつあります。Newsletterへのより多くの方からの投稿をお待ちしています。
このNewsletterを受けとっていられる方は全てメーリングリストへの直接投稿が可能です。ぜひご意見をお寄せください。また出版や研究集会の案内のメーリングリストへの投稿も歓迎します。

【投稿】
第5号には、柴垣和夫氏(新潟産業大学)の「グローバル資本主義の本質とその歴史的位相」を添付いたします。
【出版のご案内】
  1. 宇野弘蔵著、櫻井毅解説『資本論と私』
    御茶の水書房から宇野弘蔵氏の『宇野弘蔵著作集』に含まれていない論文、対談、 座談会を収録した新刊『資本論と私』が出版されました。このNewsletterを通し て購入を希望される場合、 御茶の水書房に直接注文される場合に限り、一冊2940 円のところ2500円(送料込み)で配布できるようにしました。ご希望の方は必ず 直接にお茶の水書房にご注文ください。注文方法は以下の3種類のみです。 
    1. メール  s [dot] hashimotoatochanomizushobo [dot] co [dot] jp
    2. ファクス  03(5684)0753
    3. 電話    03(5684)0751

    なおこの方法は、書店、生協、インターネット販売などを仲介させることはできませんのでご 注意ください。

  2. 河西 勝著『企業の本質―宇野原論の抜本的改正―』
    河西勝氏から次のような出版の案内が届きましたので転送します。

    「このたび電子書籍『企業の本質―宇野原論の抜本的改正―』の序・序論を http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/sarusai3121 に掲載しました。なお本論は、4月中ごろに掲載する予定です。
    本書は、宇野原論が患っている悪性腫瘍をすべて取り除くことによって、本来の強力な体力を回復させることを目的にしている。悪性腫瘍とは、「資本一元論;貨幣M…C(生産手段、労働力)…生産過程P…商品C`−より多くの貨幣M`」に他ならない。本書は、その資本概念をはっきりと資本二元論(企業=循環資本+固定資本所有)に置き換える。そのことによって、宇野が想定する純粋資本主義(三大階級論)は否定される。だがその一方で、この新純粋資本主義論は、レッセフェール世界市場における異業種・同業種企業間の「分業と競争」の論理を純粋に示すものとして、以下の宇野原論の基本命題を完全に復活させる。いわく純粋資本主義とは、あらゆる社会形態に通じる経済原則を資本家的商品経済として実現するものであり、一次大戦前の「私有制と価値法則」の特殊歴史性を証明するものである、と。」

【メーリングリストのご案内】
  1. 投稿
    研究集会の論争を発展させる投稿を募集します。研究集会の報告者、コメンテーター、私の発言をされた方、その他研究集会に参加された方からの投稿を歓迎します。
    1500字程度のものはメーリングリストに直接投稿してください。それ以下の短いご意見のメーリングリストへの投稿も歓迎します。あて先は uno30-mlatmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp です。
    3000字程度の原稿はNewsletterに投稿してください。原稿はMicrosoft Wordで作成してください。あて先は事務局 Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp です。
    3000字を超える、より本格的なWorking Paperにつきましては、事務局にご相談ください。ホームページへの掲載を検討します。あて先は事務局 Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp です。
  2. メーリングリストのパスワードとNewsletterのバックファイル
    Newsletterの添付ファイルはホームページからもダウンロードできます。投稿原稿が雑誌等に発表されたものと異なりWork in Progressの性格を持っていることと、学術的な論争の性格を考慮して、パスワードで保護し、メーリングリストのメンバーのみが閲覧とダウンロードできるようにしました。
    パスワードの入手法とダウンロードの仕方は以下のとおりです。
    1. http://www.gssm.musashi.ac.jp/uno/ja/mailinglist にアクセスして、パスワードを手に入れます。
    2. http://mml.gssm.musashi.ac.jp/mailman/private/uno30-ml/ にアクセスし、電子メールアドレスとパスワードを入力します。
    3. 見たい書庫のスレッドをクリックし、記事を選択します。
    4. 添付ファイルを見るには、「テキスト形式以外の添付ファイルを保管しました」の箇所をクリックします。

    詳しくは http://www.gssm.musashi.ac.jp/uno/ja/mailinglist をご覧ください。

pdficon添付ファイル(PDF形式)