第2号

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2-2)

発行:2010年11月24日

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第2号-通巻第15号-)をお届けします。今号から毎回、特集企画を設けることとしました。今号は、櫻井毅・山口重克・柴垣和夫・伊藤誠編著『宇野理論の現在と論点──マルクス経済学の展開』(社会評論社,2010年)の書評論文です。(第Ⅲ部については、執筆者の都合により次号に掲載予定です。)
 もちろん、投稿論文のワーキングペーパーも随時受け付けています。原則として発行予定日の2週間前までに送付して頂ければ次号に掲載が可能となります。今後の発行予定日は以下の通りです。
 第2期3号(2010年12月予定 担当・横川)、第2期4号(2011年3月ごろ 担当・植村)、第2期5号(2011年7月ごろ 担当・芳賀)

編集担当 新田滋

【添付ファイル】


[投稿論文]

  1. pdficon特集論文1 清水真志(専修大学)書評 櫻井毅・山口重克・柴垣和夫・伊藤誠編著
    『宇野理論の現在と論点──マルクス経済学の展開』(社会評論社,2010年)「Ⅰ 原理論の諸問題」
  2. pdficon特集論文2 田中英明
    (滋賀大学)書評 櫻井毅・山口重克・柴垣和夫・伊藤誠編著『宇野理論の現在と論点──マルクス経済学の展開』(社会評論社,2010年)「Ⅱ 方法論の展開」
  3. pdficon投稿論文1 山口重克(東京大学名誉教授)宇野弘蔵の「過渡期」説について
  4. pdficon投稿論文2 大内秀明(東北大名誉教授 )もう一つの「惜別」―由其民と宇野弘蔵

[一括ダウンロード]

  1. pdficon投稿論文一括ダウンロード(PDF形式:643KB)
  2. 編集委員:横川信治、芳賀健一、植村高久、新田滋
    顧問委員:櫻井毅、山口重克、柴垣和夫、伊藤誠
    事務局:東京都練馬区豊玉上1-26-1 武蔵大学経済学部 横川信治
    電話:03-5984-3764 Fax:03-3991-1198
    E-mail:contact[at]unotheory[dot]org
    ホームページ http://www.unotheory.org