第10号

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2 ―10)

発行:2013年6月4日


「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第10号-通巻第22号-)をお届けします。

今回のNewsletterは、丸山泰徳著「資本効率論―資本効率の3階層モデルと再生産」と、山口重克著「小幡道昭による山口批判へのリプライ」の2本の《投稿ワーキングペーパー》を掲載しています。

ホームページのNewsletterの目的にも書きましたが、Newsletterへの投稿はワーキング・ペーパーの役割を果たします。ワーキングペーパーの著作権は著者に属しますので、幅広い読者の感想や意見を検討することによって、論文をさらに磨きあげ、学会誌や大学の機関誌で発表することが可能です。既発表論文の転載も受け付けますので、より多くの読者を得るために、「抜き刷り」の郵送の代わりにもお使いください。

第8号

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2-8)

発行:2012年9月1日


「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第8号-通巻第20号-)をお届けします。

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2-8)

発行:2012年9月1日

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第8号-通巻第20号-)をお届けします。

第8号

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2-8)

発行:2012年9月1日


「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第8号-通巻第20号-)をお届けします。

第6号

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2-6)

発行:2011年10月30日


「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第6号-通巻第18号-)をお届けします。

今回の特集テーマは、「『宇野理論の現在と論点――マルクス経済学の展開』Ⅲ 「段階論と現状分析」書評とリプライ」です。昨年(2010年11月)発行の第2期第2号においては、第Ⅲ部への吉村信之氏の書評が事情により掲載できませんでした。そこで、第Ⅲ部への書評を単独で掲載するよりも、むしろ書評へのリプライとセットで特集を組んではどうかということになりました。なお、馬場宏二氏はとくに批判されたわけでもないのでリプライの必要がないとのことでした。その結果、柴垣和夫氏、大内秀明氏、関根友彦氏の御三方からのリプライが掲載されることとなりました。

第4号

「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(2-4)

発行:2011年6月12日



「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(第2期第4号-通巻第17号-)をお届けします。


4月発行予定であったものが、種々の事情により遅延してしまいました。担当編集委員として、ますこの点をお詫びしておきます。


本号の特集は小幡道昭氏の『経済原論 ――基礎と演習――』(2009年11月、東京大学出版会)を俎上に載せようとするものです。小幡氏も参加している研究集団SG-CIMEでは2010年の8月8日~10日に行った夏合宿で同書を集中的に採り上げ、長時間にわたって様々な論点を議論しました。そこで、SG-CIME夏合宿時の時にコメンテーターを担当した諸氏に再度のコメントをお願いし、小幡氏自身に本書の意図、特長、意義というような点を述べて貰うということを中心にリプライに相当するものを書いて貰うことにしました。



このNewsletterは皆様の寄付によって維持されています。一人年間500円程度を目処にご寄付をいただければ幸いです。

「ご寄付のお願い」を更新しました

本会の口座をゆうちょ銀行に開設致しました。おこころざしをいただける方は一口5百円を目安にいただければ幸です。

振込先
ゆうちょ銀行支店名練馬旭丘郵便局
口座名義:宇野理論ニュースレター
口座種別:振替口座
記号番号:00100-7-377860

サイトのお問い合わせ情報等を更新しました

サイト内の情報を更新いたしました。

利用にあたってのお願い
不正利用等に関するお知らせを掲載しております。
http://www.unotheory.org/notice

個人情報保護ポリシー
個人情報保護に関するポリシーを掲載しております。
http://www.unotheory.org/privacypolicy