「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(6)

発行2008年3月4日



第6回目のNewsletterをお届けします。この号では投稿2点と出版案内2点を掲載します。

投稿の数が徐々に増えつつあります。Newsletterへのより多くの方からの投稿をお待ちしています。このNewsletterを受けとられている方は全てメーリングリストへの直接投稿が可能です。ぜひご意見をお寄せください。また出版や研究集会の案内のメーリングリストへの投稿も歓迎します。

【投稿】
第6号には次の2点の投稿を添付します。
  1. 八尾信光(鹿児島国際大学)「グローバル資本主義の歴史的位置」
  2. 新田滋(茨城大学)「宇野三段階論の再構成(概要)」
【出版のご案内】
  1. 山口重克(東京大学(名))、書評、宇野弘蔵著「『資本論』と私」が『週間読書人』2008年3月7日に掲載されます。
  2. 横川信治(武蔵大学)「学会動向『宇野理論を現代にどう活かすか』研究集会」が『季刊経済理論』45-1、2008年4月に掲載されます。
【メーリングリストのご案内】
  • 投稿
  • 「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter(5)

    発行2008年2月10日


    第5回目のNewsletterをお届けします。この号では投稿原稿1点と出版案内2点を掲載します。

    投稿の数が徐々に増えつつあります。Newsletterへのより多くの方からの投稿をお待ちしています。
    このNewsletterを受けとっていられる方は全てメーリングリストへの直接投稿が可能です。ぜひご意見をお寄せください。また出版や研究集会の案内のメーリングリストへの投稿も歓迎します。

    【投稿】
    第5号には、柴垣和夫氏(新潟産業大学)の「グローバル資本主義の本質とその歴史的位相」を添付いたします。
    【出版のご案内】
    1. 宇野弘蔵著、櫻井毅解説『資本論と私』

    「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter (4)

    発行2008年1月18日



    第4回目のNewsletterをお届けします。

    第4号には、山口重克氏の投稿、「宇野没後30年研究集会での議論に思う」を添付いたします。

    1. 投稿のご案内。
      研究集会の論争を発展させる投稿を募集します。研究集会の報告者、コメンテーター、私の発言をされた方、その他研究集会に参加された方からの投稿を歓迎します。
      1500字程度のものはメーリングリストに直接投稿してください。それ以下の短いご意見のメーリングリストへの投稿も歓迎します。uno30-mlatmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jpです">あて先はuno30-mlatmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jpです
      3000字程度の原稿はNewsletterに投稿してください。原稿はMicrosoft Wordで作成してください。Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jpです">あて先は事務局Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jpです
      3000字を超える、より本格的なWorking Paperにつきましては、事務局にご相談ください。ホームページへの掲載を検討します。Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jpです">あて先は事務局Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jpです
    2. メーリングリストのパスワードとNewsletterのバックファイル

    「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter (3)

    発行2008年1月7日


    第3回目のNewsletterをお届けします。

    あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

    第3号には、関根友彦氏の投稿「宇野没後30年研究集会における『フロアからの発言』に想う」を添付いたします。

    1. 投稿のご案内。
      研究集会の論争を発展させる投稿を募集します。研究集会の報告者、コメンテーター、私の発言をされた方、その他研究集会に参加された方からの投稿を歓迎します。
      1500字程度のものはメーリングリストに直接投稿してください。それ以下の短いご意見のメーリングリストへの投稿も歓迎します。
      あて先は "Uno30-mlatmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp" です。
      3000字程度の原稿はNewsletterに投稿してください。原稿はMicrosoft Wordで作成してください。あて先は事務局 "Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp" です。
      3000字を超える、より本格的なWorking Paperにつきましては、事務局にご相談ください。ホームページへの掲載を検討します。
      あて先は事務局 "Uno-30atmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp" です。

    「宇野理論を現代にどう活かすか」Newsletter (2)

    発行2007年12月28日


    第2回目のNewsletterをお届けします。

    (1)要約:「宇野理論を現代にどう活かすか」
    研究集会の録音の要約を添付します。
    研究集会の録音を司会担当の世話人がまとめたものを、横川が約7000字に短縮したものです。
    全体的にどのような議論がなされたかを一覧できるようにしたものなので、厳密性が犠牲になっていることをお断りしておきます。

    (2)メーリングリストの双方向化
    お待たせしていましたメーリングリスト(Uno30-ML)が双方向化されました。
    投稿されたメールはメーリングリストのメンバー全員(現在約170名)に配信されます。
    さしあたりは研究集会の論争の発展と、メンバー間の情報の伝達に使いたいと考えています。
    あて先は "uno30-mlatmml [dot] gssm [dot] musashi [dot] ac [dot] jp" です。
    MLの投稿の字数は1000字、ファイルサイズは40KBに制限されています。
    詳しくは http://www.gssm.musashi.ac.jp/uno/ja/mailinglist をご覧ください。

    (3)Newsletterの発行
    研究集会の論争の発展と整理を行うために、不定期でNewsletterを発行します。